スタートアップ投資、修正局面に オリガミ身売りで

2020/2/3 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

過熱気味だった国内ベンチャーキャピタル(VC)などのスタートアップ投資が修正局面に入っている。スマートフォン決済のOrigami(オリガミ、東京・港)がメルカリに「身売り」したためで、事業モデルや収益性を厳しくみる必要があるとの声が上がる。選別の姿勢を強めながらどうリターンを得ていくか、VCにとり今まで以上の知恵比べとなる。

オリガミはQRコードのスマホ決済の草分けとされ、2016年にサービスを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]