/

この記事は会員限定です

働けたのは4カ月 発達障害の僕がやり直せた理由

バリアフリーの先へ(3)

(更新) [有料会員限定]

発達障害やうつ病の人たちの再就職を支援するビジネススクールがある。運営会社キズキ(東京・渋谷)社長、安田祐輔(36)は新卒で総合商社に入社したが、4カ月でうつ病と診断され、退職。その後発達障害と診断された。今は自分と同じ境遇の人たちを支援する。転機は「コミュニケーションが苦手」な自分を受け入れたことだった。

コミュニケーションがストレス

「どんなときに自分を他人と比較しますか」「過去の自分にどう向...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

バリアフリーの先へ

自分や家族が、がん患者や障害者だったらどうしますか――。最低限の日常生活を送るための「バリアフリー」は進むが、それではマイナスがゼロになっただけ。病や障害を障壁(バリアー)ではなく個性やチャンスととらえれば、社会的・経済的な価値を生み、マイナスはプラスにもなる。バリアフリーのその先を見据える人たちのストーリー。(この連載は本編5回、番外編1回で構成します)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン