群馬県、豚コレラワクチン 初回接種を完了

2020/1/29 19:17
保存
共有
印刷
その他

群馬県は29日、2019年10月から始めた飼育豚に向けた豚コレラ(CSF)ワクチンの初回接種を全て完了したと発表した。28日までに29市町村の268農場で飼育する約46万1000頭へワクチンを接種した。接種期間中に生まれた子豚約6万8000頭への接種も完了した。

野生イノシシの侵入防止柵の設置は、対象となる325カ所のうち4割を超える146カ所で完了した。山本一太知事は「今後は農場の消毒の徹底、侵入防止柵の設置状況を確認する巡回をし、必要に応じて指導を行う」と話した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]