/

千葉市、五輪・パラ期間に民泊1000人受け入れ

千葉市は7~9月の東京五輪・パラリンピック期間中、外国人客らを民家に有料で泊める「イベント民泊」について、延べ受け入れ数を1000人とする目標を掲げた。4月30日まで受け入れ希望者を募集し、研修を実施する。

研修は2~3月に3回実施する。ホストとして準備すべきこと、集客に活用するインターネットサイトの利用方法などについて解説する。

2月14日には民泊仲介大手のエアビーアンドビーと、千葉市民会館でシンポジウムも開催。民泊で観戦客らをもてなす機運を盛り上げると同時に、期間中の宿泊施設不足の緩和につなげる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン