/

サイバー、プロレス「ノア」買収

記者会見にはプロレスリング・ノアの所属選手も出席した

サイバーエージェントは29日、プロレス団体「プロレスリング・ノア」を運営するノア・グローバルエンタテインメント(東京・千代田)の全株式を取得し子会社化することで合意したと発表した。サイバーはインターネットテレビ「アベマTV」で格闘技の番組を配信している。ノアの試合も配信しコンテンツを強化する。

株式取得は2月1日を予定する。サイバーはプロレスの興行を手掛けるDDTプロレスリング(東京・新宿)を17年に子会社化し、DDTグループが開くプロレスの試合やオリジナル番組をアベマTVで放送している。今後はノアの試合も放送する。29日に記者会見に登壇したサイバーの藤田晋社長は「プロレスのコンテンツとしての魅力に期待している」と話した。

子会社後はノアの社長にはDDTの高木規社長が就く。DDT社長と兼務する。ノアの現社長の武田有弘氏は執行役員となる。DDTが手掛けるプロレス興行「レッスルピーターパン2020」にノアの選手も参戦するという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン