サイバー、プロレス「ノア」買収

2020/1/29 18:57
保存
共有
印刷
その他

サイバーエージェントは29日、プロレス団体「プロレスリング・ノア」を運営するノア・グローバルエンタテインメント(東京・千代田)の全株式を取得し子会社化することで合意したと発表した。サイバーはインターネットテレビ「アベマTV」で格闘技の番組を配信している。ノアの試合も配信しコンテンツを強化する。

記者会見にはプロレスリング・ノアの所属選手も出席した

株式取得は2月1日を予定する。サイバーはプロレスの興行を手掛けるDDTプロレスリング(東京・新宿)を17年に子会社化し、DDTグループが開くプロレスの試合やオリジナル番組をアベマTVで放送している。今後はノアの試合も放送する。29日に記者会見に登壇したサイバーの藤田晋社長は「プロレスのコンテンツとしての魅力に期待している」と話した。

子会社後はノアの社長にはDDTの高木規社長が就く。DDT社長と兼務する。ノアの現社長の武田有弘氏は執行役員となる。DDTが手掛けるプロレス興行「レッスルピーターパン2020」にノアの選手も参戦するという。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]