高齢者のタクシー利用、家族にメール 両備系4社

2020/1/29 18:46
保存
共有
印刷
その他

離れて暮らす家族へタクシーの乗降時刻と場所を知らせる(29日、岡山市)

離れて暮らす家族へタクシーの乗降時刻と場所を知らせる(29日、岡山市)

両備グループ(岡山市)は29日、傘下のタクシー事業で一人暮らしの高齢者の利用状況を家族へ知らせる「みまもり通知タクシーサービス」を2月1日から始めると発表した。登録情報を基に、離れて暮らす家族へ乗降時刻と場所を降車の数分後にメールで送る。同様のサービスは中国地方の事業者で初といい、通院時などの安全・安心の確保につなげてもらう。

NTTドコモのRPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)ツールで、メール送信などを自動化する。固定電話や携帯電話など、高齢者が配車予約で使う2つの番号を登録可能。対象は岡山市内のグループ4社の小型車・中型車全406台で、主に75歳以上の人と家族の利用を見込む。料金は通常の運賃のみで、登録料やサービス料は不要。

専用ホームページ(https://mimamori-taxi.com/)から申し込む。グループ創立110周年を迎えた記念事業の一環で、小嶋光信代表は「高齢化社会の中でタクシーができるサービスをどんどん増やしていきたい」と強調。今後は子供や妊婦を対象として、同様のサービスの展開を検討していく考えを示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]