[社説]クリステンセン教授の洞察

2020/1/29 19:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

盤石に見える巨大企業がなぜイノベーションに出遅れ、新興勢力に打ち負かされるのか。そのメカニズムを解明し、世界の経営者に影響を与えた米ハーバード大経営大学院のクレイトン・クリステンセン教授が死去した。

経済の幅広い領域でデジタル革命が進み、教授が提唱した「ディスラプティブ(破壊的)イノベーション」という概念の重要性はますます増している。日本の大企業は自らの事業基盤をディスラプト(破壊)されないよう…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]