中国国内線2割欠航 新型肺炎、データ分析で判明

新型肺炎
2020/1/29 23:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型肺炎の拡大で、中国の人・モノの流れが滞っている。日本経済新聞が中国国内の航空データを分析したところ、28日は国内線の欠航が2割弱になった。封鎖状態の武漢だけではなく、北京や上海などの大動脈に運航停止が広がる。トヨタ自動車やホンダは工場再開を2月10日以降に延期すると決めた。新型肺炎の収束は見えず、春節(旧正月)休暇が終わる3日以降も中国経済への打撃は避けられない情勢だ。

航路を追跡するサイト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]