/

この記事は会員限定です

[社説]土地利用の私権制限を強める時機だ

[有料会員限定]

気候変動で災害が激甚化しているのを踏まえ、国土交通省が災害リスクの高い土地の開発規制を強化する。空き家対策などまちづくりとも連動させ、防災と人口減少対策の両面から土地利用の私権制限を強める時機だ。

今国会に提出する都市計画法などの改正案は、これまで規制のなかった浸水想定区域で、安全対策が十分でない住宅の開発を原則認めなくする。安全なまちづくりへの一歩と評価したい。

浸水想定区域に規制がなかったのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン