米国、旧ソ連で中ロの勢力拡大阻止 ポンペオ氏歴訪へ

2020/1/29 22:00
保存
共有
印刷
その他

【モスクワ=石川陽平】米国が旧ソ連地域で影響力の回復に乗り出す。ポンペオ国務長官が30日~2月4日の日程で、18年4月の就任以来初めてウクライナとベラルーシ、カザフスタン、ウズベキスタンの4カ国を訪問する。各国大統領や外相と協力強化で一致し、旧ソ連地域でのロシアと中国のこれ以上の勢力拡大を阻みたい考えだ。

1991年のソ連崩壊で独立した旧ソ連諸国の間では、旧宗主国ロシアがプーチン政権の下で勢力を…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]