中国機への緊急発進が高水準 摩擦、習氏来日に影も

新型肺炎
習政権
2020/1/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

防衛省が29日に発表した2019年4~12月の航空自衛隊による中国機への緊急発進(スクランブル)は523回と過去2番目に多かった。沖縄県・尖閣諸島付近でも中国公船が27日連続で接続水域を航行している。安全保障上の摩擦は強まっており、4月に予定する習近平(シー・ジンピン)国家主席の来日にも影を落とす。

日本領空に近づく中国機に対する緊急発進は前年同期比9.9%増と高水準が続く。飛行空域は東シナ海上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]