丸紅の米リース子会社、みずほリースに50%売却

2020/1/29 17:44
保存
共有
印刷
その他

丸紅は29日、米国で冷蔵・冷凍トレーラーのリース事業を展開している100%子会社を、みずほリースとの折半出資に切り替えると発表した。全株式の50%を約160億円でみずほ側に売却する。両社は海外でのリースや金融事業を共同で拡大するため2019年3月に業務提携を結んでおり、その連携策の一環となる。

丸紅がみずほリースに売却するのは米MACトレーラー・リーシング(ニュージャージー州)の株式50%分。3月末までに取引を完了する。丸紅とみずほリース両社の持ち分法適用会社に移行し、共同で運営する。

丸紅とみずほリースはこれに先立ち19年11月、米航空機リース大手エアキャッスルを計1900億円で共同買収すると発表した。MACの共同保有は米国での連携策の第2弾との位置づけとなる。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]