2/20 20:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 前田道路、増配で「資産価値下げ」実るか 前田建TOB対抗[有料会員限定]
  2. 2位: 「日経平均優位」に潜む危うさ 先物空中戦、相場かく乱[有料会員限定]
  3. 3位: 楽天、「送料込み」に見えた強気と妥協[有料会員限定]
  4. 4位: 日経平均続伸、終値78円高の2万3479円
  5. 5位: 前田道路、535億円の特別配当 敵対的TOB対抗で大幅上げ[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,377,741億円
  • 東証2部 73,520億円
  • ジャスダック 95,733億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.20倍 --
株価収益率15.16倍15.89倍
株式益回り6.59%6.29%
配当利回り1.99% 1.99%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,479.15 +78.45
日経平均先物(円)
大取,20/03月 ※
23,510 +140

[PR]

マーケットニュース

フォローする

東証、株価の刻み幅、500銘柄でより細かく
1000円以下は10銭単位に、流動性向上狙う

金融最前線
金融機関
2020/1/29 18:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京証券取引所は株価の刻み幅を細かくする。現在100銘柄を対象としている刻み幅の縮小を、2020年度から500銘柄に広げる。1000円以下の銘柄は10銭単位で売買できるようになる。投資家の取引コストを下げることで国内外の資金を呼び込み、取引所の活性化につなげる。

日本は海外と比べて株価の刻みが大きい。3000円以下の株価は1円単位、3001~5000円の株価は5円単位でしか注文ができない。時価総…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

マーケットニュース 一覧

フォローする

読まれたコラム