佐賀銀行、ふくおかFG系のiBankと業務提携へ

2020/1/29 17:02
保存
共有
印刷
その他

佐賀銀行は29日、ふくおかフィナンシャルグループ(FG)傘下のiBankマーケティング(福岡市)と、業務提携に向けた協議を始めたと発表した。同社が運営する収支管理アプリ「Wallet+(ウォレットプラス)」の導入と、金融サービスのプラットフォーム「iBank」事業への参画を目指す。同日付で基本合意を締結し、2020年度下期のサービス開始を目指す。

佐賀銀行本店

「Wallet+」は登録すると、利用者は口座残高や収支明細が手軽に確認できる。アプリ内で貯蓄専用の口座を開設できるなどの金融機能のほか、お金に関する情報やパートナー企業からのクーポンなどを受けとることができる。すでにふくおかFG傘下行だけでなく、沖縄銀行広島銀行など外部の5行とも提携している。

佐賀銀行の坂井秀明頭取は同日「フィンテックについては前頭取時代から検討してきた。その中で、機能性や拡張性、親和性などを勘案してiBankに決めた。佐賀、長崎、福岡と(九州北部で)つながっているのはお客様にとっても便利」と経緯を説明した。その上で「単独でやっていく方針は変わらない。その前提でやれること(提携)をやっていく」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]