新幹線が育てた名菓「ういろう」 中国の万能薬に由来
ナゴヤのトリセツ

2020/2/24 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ほのかな甘みともっちりとした歯応えの和菓子「ういろう」と言えば名古屋名物の代表格だ。ただ名前の由来になった万能薬「外郎(ういろう)薬」が中国から伝わったのは福岡とされ、同じ呼び名の和菓子は全国にある。なぜ名古屋ういろうが全国区の名菓になったのか。カギは東海道新幹線の車内販売にあった。

名古屋市守山区にある老舗「青柳総本家」の工場。香気漂うその一角で、職人が米粉や和三盆に水を加え、ダマにならないよ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]