ダイエー、光洋を完全子会社 イオン系で関西一本化

2020/1/29 16:55
保存
共有
印刷
その他

ダイエーは29日、関西を地盤とする食品スーパーの光洋を3月1日付で株式交換を通じて完全子会社にすると発表した。株式交換比率などは開示していない。ダイエーも光洋もイオンの完全子会社で関西に強い。イオングループで重複する食品スーパー事業を地域ごとに再編することで競争力を高める。

ダイエーによる光洋の完全子会社化の方針は2018年10月に基本合意していた。今回の子会社に向けて19年3月には山陽マルナカの関西14店をダイエーに、マックスバリュ西日本の関西8店を光洋にそれぞれ譲渡していた。

1月現在のダイエーの店舗数は188店で、関西は111店を占める。光洋は滋賀県を除く関西全エリアに80店を展開する。2社が商品の配送や開発などで協力して経営の効率を高める。当面は各店舗の屋号を現在のまま変えずに営業を続けていく。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]