/

液体ミルク、雪印メグミルクも発売 子会社通じ4月に

雪印ビーンスタークが2020年4月下旬に発売する液体ミルク「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1」

雪印メグミルクの子会社、雪印ビーンスターク(東京・新宿)が4月下旬、乳児用液体ミルクを発売する。お湯で溶かしたり、温めたりといった調乳作業がいらず、外出時に役立つ。容器には丈夫なスチール缶を採用し、災害時にも安心。液体ミルクはすでに明治や江崎グリコが手がけているが、雪印メグミルクグループとしては初めてとなる。

商品名は「ビーンスターク 液体ミルクすこやかM1」で、対象年齢は0カ月から1歳。母乳に含まれ、赤ちゃんの発育に必要なカルシウムなどの成分を配合した。雪印ビーンスタークが販売してきた粉ミルク「ビーンスターク すこやかM1」と同等の配合設計となっている。賞味期限は180日で、今後段階的に1年まで伸ばす。

全国のドラッグストアなどで販売する。内容量は200ミリリットルで、希望小売価格は税別215円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン