十六TT証券、愛知県に進出 4月に営業所開設

地域金融
2020/1/29 19:00
保存
共有
印刷
その他

十六銀行の証券子会社、十六TT証券(岐阜市)は29日、愛知県に進出すると発表した。4月1日に名古屋市内に営業所を開設する。中部地方で人口が最も多い愛知県で銀行と証券の連携を深めながら顧客の資産運用ニーズを取り込む。

名古屋営業所は十六銀の愛知営業本部などが入居する名古屋市内のビルで営業する。十六銀は愛知県内に53店舗を持つ。営業所では4人を配置し、同行と取引のある個人や法人を中心に株式や投資信託などの金融商品を販売する。

十六TT証券は2019年6月に岐阜市や大垣市など岐阜県内4店舗で営業を始めた。19年12月末時点の口座数は約1万2000口座で、預かり資産残高は約1150億円にのぼる。今後は店舗のない岐阜県内の地域への出店も検討する。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]