/

百五銀、30億円の事業承継ファンドを設立

百五銀行と投資専門子会社の百五みらい投資は29日、総額30億円の事業承継ファンドを同日付で立ち上げたと発表した。ファンドの資金は両社が共同で拠出した。後継者不在などの課題を抱える企業に出資し、事業承継を支援する。

ファンドは中部3県(三重、愛知、岐阜)の企業を中心に出資を検討する。5年をめどに株式を保有し、出資する企業の事業承継を後押しする。最大で100%出資も検討する。ファンド運営に伴い助言会社のソロンパートナーズと投資助言などでの契約も結んだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン