/

洗っても消えない疲労臭 体から発散、腸内環境に一因

気になる体臭は腸活で改善するかも(写真はイメージ=PIXTA)

人と会う機会が多いビジネスパーソンがエチケットとして気を付けたいのが、体臭・口臭といった臭い対策。自分では気付かなくても、臭いに敏感な人もいる。しかも、厄介なことに、洗浄やデオドラント剤では消せない臭いがあるようだ。それが「疲労臭」とも言われるアンモニア臭で、腸が関わっていることが分かってきた。気になる臭いと腸の関係、対策を紹介する。

体からの「染み出し臭」ケアは身だしなみ

中高年のビジネスパーソンが気にする加齢臭やミドル臭。これは皮脂に含まれるパルミトオレイン酸という脂質が皮膚表面で酸化したり、常在菌の働きで作られたジアセチルという成分が皮脂と混ざったりしてできるものだ。こういった臭いはこまめな入浴を心がけたり、専用の洗浄剤を使ったりすることで抑えることができる。

だが、体臭の原因は体の表面にとどまらない。キレイに洗っているから、デオドラント剤を使っているからと油断していると、自分では気づかない体の臭いを周りが気にすることもあるという。

20~40代の男性・女性ビジネスパーソン各300人を対象に2018年7月12~14日にシービックがインターネットで実施した「ビジネスマンの身だしなみに関する意識調査」。 見た目を気にする傾向にある男性に比べ、女性は嗅覚的な不快さを改善してほしいと感じていることがわかった。

「体臭には、皮膚表面で作られるもの以外に体の中から染み出てくる臭いもある。アルコールを大量にとったり、ニンニクを食べた翌日に体臭が強くなると感じたりすることがあるはず。これはアルコールの代謝過程でできるアセトアルデヒドや、ニンニクに含まれるアリシンが代謝した臭い成分がそのまま皮膚からガスとして出てくるから。また、ダイエットで糖質摂取量を極端に減らしているとアセトン(ケトン体)という甘酸っぱい臭いがし、タバコを大量に吸っているとニコチンが皮膚から漏れ出て臭う」と、皮膚ガスに詳しい東海大学理学部化学科の関根嘉香教授は説明する。

こういった染み出し臭は単に皮膚表面をキレイに洗っても、予防できるものではないという。「全身を流れる血液から少しずつ染み出るから。アルコールやニンニクの摂取を控えたり、適量の炭水化物をとったり、タバコを控えることが対策になる。これら以外に、染み出し臭の中でも、厄介なのがツンとする刺激臭を有するアンモニア臭。尿の臭い成分だ」と関根教授は語る。

腸で作られるアンモニアが皮膚から染み出す

アンモニアは肉などに含まれるたんぱく質が分解されてできる。たんぱく質は腸内で消化酵素によりアミノ酸や、これが複数つながったペプチドの形に分解されて体内に吸収される。だが、そのすべてが吸収されるわけではない。「吸収されないまま大腸に届いたアミノ酸や、腸肝循環する尿素が腸内細菌によってアンモニアに変えられ、体内に吸収される」(関根教授)。つまり、アンモニア臭の原因の一つにたんぱく質のとりすぎがある。

アンモニアは他の臓器でもつくられるが、血液中を流れるアンモニアの多くが腸管由来と考えられ、糞便(ふんべん)の臭いの原因物質インドールやスカトールのように、増えすぎると炎症を誘発する一因になる。そのため、肌荒れに関係するフェノールと同様に、腸内細菌が作る有害物質と考えられている。「通常は肝臓で尿素に変換され、尿と一緒に排出されるため気になるほどの臭いにはならない。しかし、加齢や心理的・肉体的ストレスや疲労で肝臓の機能が低下すると、血液中のアンモニア濃度が増し、皮膚からの放散量が増えてしまう。そのためアンモニア臭は『疲労臭』とも呼ばれる」(関根教授)という。体作りのためプロテイン(たんぱく質)飲料などを極端に多くとっている人も要注意だという。

皮膚由来のアンモニア臭はストレスの指標として使われることもあるほど。そのため、高ストレス状態とそれに伴う疲労に気を付けることが重要。そして、もう一つの対策がたんぱく質のとりすぎに気を付け、腸内環境を整えることと言えそうだ。

健常な男女3人に、カツオのたたき170gを食べてもらい、その後の皮膚からのアンモニア放散量を測定したもの。食べて3時間後には明らかに皮膚からのアンモニア放散量が増加していた。(データ提供:関根教授)
50代女性に皮膚表面から放散するアンモニア量を測定する機器と長時間心電図記録器を装着してもらい、心理的ストレスの伴う業務を行ってもらった。その結果、作業が進むにつれ、交感神経指標の増加と副交感神経指標の低下が見られ、皮膚アンモニア量が増加した。交感神経優位の状態は、心理的ストレス刺激や運動などの身体的ストレス刺激によって増加するが、業務は身体的負荷を伴わなかったことから、心理的ストレスが生じたことが、皮膚からのアンモニア放散量が増加した要因と考えられる。(データ出典:産業衛生学雑誌.2018,Vol.60,p543)

さて、自分自身が「疲労臭」を作り出すような生活をしていないだろうか。次ページのチェックシートで振り返ってみよう。

チェックシート
こんな人は「染み出し臭」が強いかも
□ 野菜、豆、海藻をあまりとらない
□ 肉が好きでよく食べる
□ 糖質制限をしている
□ 喫煙している
□ 飲酒量が多い
□ 肉体的、もしくは精神的ストレスが多い
□ 疲れがたまっている
□ お風呂はシャワーだけで済ませることが多い
□ 特に臭いケアはしていない

オリゴ糖で腸内環境を改善、アンモニア臭をブロック

皮膚から出るアンモニア臭にはストレスや疲れが影響し、さほど有効な対策はないと考えられてきた。ところが関根教授らが現在進行中の研究から、腸へのアプローチが有効である可能性が浮上してきたという。ビフィズス菌を増やすとされる牛乳由来のオリゴ糖(ラクチュロース)を継続してとることで、徐々に皮膚から放散されるアンモニアが減少したというのだ。

「この試験では、ラクチュロース摂取前後に糞便中に排出される腸内細菌の変化も調べたが、2週間のラクチュロース摂取で、ビフィズス菌を含むアクチノバクテリアという菌種が増えていた」と関根教授は説明する。

健康な男女12人を対象にした試験。食生活はそのまま変えずオリゴ糖(ラクチュロース)を1日4g、2週間継続して摂取させ、腸内細菌バランスの変化を調べた。試験を完了した11人では、摂取後はビフィズス菌をはじめとするアクチノバクテリアという菌種が増え、大腸菌、サルモネラ菌、ヘリコバクターピロリ菌など多くの病原体が属するプロテオバクテリア属が減少していた。(データ出典:室内環境学会学術大会講演要旨集, 2019,A-06, p1-2)

ビフィズス菌は大腸で酢酸を多く作り、腸内pH(ペーハー)を低下させることで、インドールやアンモニア産生菌、病原性大腸菌などの有害菌が住みにくい環境を作ることが知られている。こうした働きを持つビフィズス菌を増やすオリゴ糖をとれば、気になる体臭を抑えられるかも、というわけだ。

また、直接、ビフィズス菌や乳酸菌をとることで腸内のアンモニア産生菌が減るという研究報告もある。こうした方法も皮膚から染み出るアンモニアを減らすことにつながる可能性がありそうだ。

人から出る強いにおいには、タバコ臭や歯周病臭などがある。タバコ臭さは禁煙が最良の対処法だ。歯周病による口臭は菌が作る揮発性硫黄化合物が原因なので、歯周病治療が近道だといえる。だが、ストレスや疲労が関わるやっかいな臭いの一つ、アンモニア臭が腸活で抑えられるとしたら朗報だろう。

しかも、腸内環境を整えることは、体臭を抑えることにつながるだけでなく、肌荒れを引き起こすフェノールといった悪玉物質の生成を抑えるなど、全身の美容や健康維持にも役立つ。

関根教授が試験に使用したラクチュロースというオリゴ糖は生乳を加熱することで乳糖からできるので、市販の加熱殺菌済みの牛乳にも多少含まれる。また、オリゴ糖にこだわらなくても、食物繊維を意識してとったり、ビフィズス菌や乳酸菌を継続摂取したりすることでも腸内環境の改善が期待できる。まずは今日から腸活を心がけるようにしたい。

(ライター 堀田恵美)

関根嘉香教授
東海大学理学部化学科教授

慶応義塾大学大学院理工学研究科修了後、日立化成工業(現日立化成)を経て現職。慶応義塾大学大学院政策・メディア研究科非常勤講師、神奈川県立保健福祉大学非常勤講師を兼務、一般社団法人室内環境学会理事長。博士(理学)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン