/

この記事は会員限定です

ACLは罰ゲーム? 「ブラック日程」に鹿島散る

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

2020年のアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)に日本は横浜M(19年J1王者)、FC東京(同2位)、神戸(19年度天皇杯王者)の3クラブで臨むことが決まった。昨季J1で3位の鹿島は28日のホームのプレーオフで、オーストラリアのメルボルン・ビクトリーに0-1で敗れ、本戦出場の道を断たれた。

JクラブがACLのプレーオフで敗れるのは大会史上初。鹿島のふがいなさを責めることは簡単だが、同情の余地はか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1952文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン