/

この記事は会員限定です

新型肺炎、「スマホ社会」の感染リスク

[有料会員限定]

国内で初めて新型コロナウイルスが人から人へ2次感染したとみられる症例がみつかり、感染拡大ペースが速まる懸念が強まった。厚生労働省は、事態がこれまでとは違う新しい段階に入ったとしている。今のところもともと別の病気にかかっているなどの場合を除き重症例は限られ、過度に恐れる必要はない。だが、感染リスクを高めるような現代の「スマホ社会」特有の問題もあり、油断はできない。実情を正しく理解して最適な予防行動を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン