JX喜入石油基地、中継・備蓄 油需給支え50年
九州・沖縄 拠点を探る、30種からブレンドも

2020/1/30 5:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

鹿児島市中心部から錦江湾沿いを南下すると、海上に浮かぶ巨大な原油タンク群が姿を現す。運営するのはJXTGエネルギー傘下のJX喜入石油基地(鹿児島市)。中東などから輸入した原油を受け入れ、全国の製油所へと送り出す。2018年度の原油受け入れ量は2500万キロリットル。日本の年間輸入量の約15%に相当する量を取り扱う重要拠点だ。

敷地面積191万8000平方メートル。東京ドーム40個分もの広大な埋め…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]