/

この記事は会員限定です

米経済、最長景気の下でも衰える活力

Global Economics Trends 編集委員 小竹洋之

[有料会員限定]

Global Economics Trends

世界的な関心を集める経済学の最前線の動きやトピックを紹介します。

「米国は世界でも例のない経済ブームのさなかにある」。1月21日、スイスで開かれた世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)。2年ぶりに参加したトランプ米大統領が演説に臨み、好調な米経済を誇ってみせた。

その前日に就任から3年の節目を迎え、11月の大統領選で再選を目指すトランプ氏の「自画自賛」と切って捨てるわけにもいくまい。2009年7月に始まった米国の景気回復局面が10年を超え、戦後最長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4087文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン