飲食店で中国人客キャンセル相次ぐ、団体旅行禁止の影響

2020/1/29 12:04
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大で、中国政府が団体旅行を禁止した影響が国内の外食産業にも広がってきた。旅行会社などと提携して中国人団体客を取り込んできた居酒屋や飲食店でキャンセルが相次いでいる。訪日客による消費では飲食費は買い物代、宿泊費に次ぎ全体の2割ほどを占める。渡航禁止が長引けば、外食各社にとって大きな痛手になりそうだ。

居酒屋のワタミは1~2月の予約で約2千人のキャンセルが出た。同社で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]