/

この記事は会員限定です

りそな大幅若返り、逆風下の「国内専業」深化が課題

編集委員 佐藤大和

[有料会員限定]

大手銀行4位のりそなホールディングス(HD)が4月、経営陣の世代交代に踏み切る。不良債権危機下で実質国有化された苦難の歴史と再生の教訓を生かし、顧客のニーズに真摯に向き合う。3メガバンクとは異質のリテール戦略の成否が、逆風下で問われよう。

グループ総帥の東和浩HD社長兼りそな銀行社長(62)が代表権のない会長に退き、HD社長に南昌宏HD取締役、りそな銀社長には岩永省一HD取締役が昇格する。福岡聡HD取締役が埼玉りそな銀...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1227文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン