パレスチナ議長、米和平案の受け入れ拒否

エルサレム
中東・アフリカ
2020/1/29 6:07
保存
共有
印刷
その他

【カイロ=飛田雅則】パレスチナ自治政府のアッバス議長は28日、ヨルダン川西岸のラマラで記者会見を開き、米国が発表した中東和平案について「1000回もノーという」として拒否する意向を示した。和平案は一定の条件で「東エルサレム」を首都とする国家樹立を認めるが、実際にはイスラム教などの聖地を含む本来の東エルサレムではなく、その郊外に首都の建設を認める内容で、パレスチナ側の意向と異なっているためだ。

ア…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]