/

この記事は会員限定です

日本エスコンに命名権 日本ハム新球場、10年超契約

[有料会員限定]

プロ野球日本ハムが2023年に北海道北広島市で開業を予定している新球場の命名権(ネーミングライツ)を、日本エスコンが取得したことが28日、分かった。今月から10年以上の長期契約を結び、新球場の名称は「ES CON FIELD(エスコンフィールド) HOKKAIDO」となる。着工前から命名権を売却するのは異例。

日本エスコンは商業施設やホテルなど不動産開発を手掛け、中部電力が約3割の株式を保有する。

ボールパークを保有・...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り377文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン