/

この記事は会員限定です

「思い切った改革が必要だ」ウォーレン氏の転向

分断のアメリカ VSトランプ(3)

[有料会員限定]

米民主党の上院議員、エリザベス・ウォーレン(70)はリベラル色の強い政策で左派を中心に支持を集める。2016年大統領選でヒラリー・クリントン(72)が阻まれた女性初の米大統領の座を射止められるか。党の指名を得るには、穏健派の支持層の動向がカギを握る。

目玉政策は「2セント」

1月7日、ニューヨーク市ブルックリン。「富裕税の導入に賛成し、幅広い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3054文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン