/

この記事は会員限定です

ゴーン元会長、身柄引き渡しに高い壁 逃亡1カ月

[有料会員限定]

日産自動車元会長のカルロス・ゴーン被告(65)が海外逃亡してから29日で1カ月。国際刑事警察機構(ICPO)などを通じ身柄拘束を求める日本政府に対し、レバノン側は明確な態度を示していない。日本側は外交ルートでの交渉を続けるとみられるが、自国に戻った被告が日本に引き渡された例は過去になく、元会長を連れ戻す壁はなお高い。

「日本は人質司法を改めなければならない」。元会長は8日の記者会見後も、ツイッターや海外メデ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン