ぐるなび、アプリのログを統合管理

2020/1/28 20:00
保存
共有
印刷
その他

ぐるなびは同社のシステムのログデータ解析に、オランダ・エラスティック社の解析技術「スタック」を採用した。ログはシステムの処理状況を示すデータ。従来はサービスごとログを別々に管理していたが、スタックにより一元管理できる。システムの稼働状態を把握しやすくした。

ぐるなび開発部エンジニアリングセクションの岩本俊明副セクション長(写真右)

スタックの導入前、ログの記録形式や保存場所などは稼働中のサービスごとにバラバラだった。「2016年にはすでに数千台規模のサーバーが稼働していた。障害発生時や保守作業時にログを閲覧しようとすると、1人の担当者が1時間以上かけて情報を集めていた」(ぐるなび開発部エンジニアリングセクションの岩本俊明副セクション長)という。

ログをスタックの一部として使える検索エンジン「エラスティックサーチ」で一元的に探せるようシステムを改変。サーバー内の特定の場所にログを格納すると、エラスティックサーチで検索できるようにした。データ形式を統一することで「1時間かかっていた作業が数秒で完了するようになった」(岩本氏)。ログの情報を「キバナ」と呼ぶ可視化ツールでリアルタイムに把握できるようにした。

ログはサービスが動作している生の情報が記録されている。「スマホのアプリでアクセスしていれば利用者の所在地を取得できるし、検索の条件などから利用目的が推測できる。こうした生の情報を元に新しいサービス開発やビジネス開拓ができる」(岩本氏)とみている。技術者だけでなく、ビジネス部門でも活用を始めているという。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]