奥出雲の「泊まれる博物館」、恐竜を前面に来館好調

2020/1/29 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「泊まれる博物館」として知られる奥出雲多根自然博物館(島根県奥出雲町)が、夜間展示の魅力を高めて、入館者数を大きく増やしている。2019年度は4~11月で宿泊客を含み約1万2600人が利用し、過去最高だった18年度を上回るペースだ。恐竜をテーマにしたユニークな企画も奏功している。

開館時間は午前9時半から午後5時までだが、宿泊者の場合、午後7時半から午後9時ごろまで夜の館内を楽しむ「ナイトミュー…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]