ブラジル、税制改正や規制緩和へ 2年目の右派政権

中南米
2020/1/28 18:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジルの右派ボルソナロ政権が発足2年目に入り経済改革を加速させる。複雑な税制の簡素化や規制緩和などが柱となる。1年目の2019年は長年の課題だった年金改革法を成立させるなど一定の成果をあげ、政権支持率は3割程度で比較的高い。左派政権下で膨らんだ公的部門の役割を整理し「小さな政府」を一段と進める。

「ブラジル産業の競争力を保証するために、規制緩和や減税、税制の簡素化を徐々…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]