/

新型肺炎、国内で人から人感染か 日本人患者を初確認

(更新)
新型コロナウイルスによる肺炎について注意を呼びかける看板(27日、羽田空港国際線ターミナル)

中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、厚生労働省は28日、国内で新たに3人の患者を確認したと明らかにした。うち1人は武漢滞在歴のない日本人で、1月に武漢からのツアー客を乗せたバスの運転手をしていた。日本人の感染確認は初めて。国内でも人から人への感染が広がっている恐れがある。

他の2人は武漢在住で来日した40代の男女。国内で確認された患者は計7人となった。

バス運転手は奈良県に住む60代の男性で、8~11日に武漢からの客31人を乗せ、各地の観光地に寄りながら大阪から東京方面に移動した。12~16日にも別の武漢からの客29人を乗せ、東京から大阪に移動した。症状が出ていた客は確認されていないが、厚労省は人から人への感染が起きた可能性が高いとみている。

男性は14日に悪寒やせきなどの症状が出て、17日に医療機関を受診して経過観察となった。その後症状が悪化し、25日に奈良県内の医療機関に入院した。症状は快方に向かっているという。

また、武漢在住で来日した40代男性と40代女性の感染も確認された。男性は20日に来日して愛知県の医療機関を受診した。女性は21日に来日して北海道の医療機関を受診、入院した。

国内での感染者が徐々に増えていることから、厚労省は28日、市民からの電話相談を受け付けるコールセンターを開設した。土日祝日を含め、午前9時から午後9時まで受け付ける。

入国後の症状の有無を一元的に把握する「健康フォローアップセンター」を29日にも省内に開設し、同センターで外国語対応が可能な医療機関の案内なども行う。

水際対策もさらに強化する。これまで武漢からの入国者に症状の有無や行動歴、国内での連絡先を確認する質問票を記入してもらっていたが、対象を中国全土に広げる。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン