大幸薬品の除菌剤「クレベリン」、新型肺炎で品薄に

2020/1/28 17:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の湖北省武漢市で発生した新型肺炎で、大幸薬品の除菌消臭剤「クレベリン」が品薄状態となっている。同社への商品についての問い合わせも通常の3倍になった。関西国際空港を運営する関西エアポートも400個を設置するなど、感染拡大に備える動きが広がっている。

クレベリンはプールの消毒などに使われる二酸化塩素を利用し、ウイルスの働きを止めるとうたう。新型肺炎の発生で需要が急増し、大阪市内のドラッグストアで…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]