/

この記事は会員限定です

桜・IR・河井氏 野党追及、3テーマで質疑7割

[有料会員限定]

立憲民主党や国民民主党などがつくる共同会派は27、28日の衆院予算委員会で、首相主催の「桜を見る会」や、カジノを含む統合型リゾート(IR)事業に絡む問題などを集中的に追及した。政権の説明に不満を抱く世論をにらんだ戦略だ。決め手がなく疑惑追及ばかりが続けば「政策議論が少ない」と野党側が批判されるリスクもある。

共同会派は27、28日の衆院予算委で約7時間にわたり、安倍晋三首相を問いただし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り969文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン