/

エムスリーの純利益最高 4~12月、サイト利用者増える

エムスリーが28日発表した2019年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比14%増の165億円と、同期間として過去最高だった。主力の医薬品情報サイトの利用が国内外で増え、製薬会社から受け取る手数料収入が増えた。

売上高にあたる売上収益は15%増の963億円だった。エムスリーは医療従事者向けのサイト「エムスリードットコム」を運営する。製薬会社が薬の情報を発信しエムスリーにサイトの利用料を支払う。製薬会社の医薬情報担当者(MR)は病院に出向いて医師に説明することが多いが、サイトを通じた情報提供が増えている。国内の医師の約9割がサイトに登録している。

製薬会社向けの営業担当者を増やして人件費がかさんだものの、同部門の利益は31%増の141億円になった。

全体の営業利益は17%増の269億円だった。海外事業も好調で、米国では治験支援サービスの利用が増えた。中国では医療情報サイトに登録する医師の数が増えており、すでに300万人を超えている。海外部門の利益は73%増の46億円になった。

20年3月期の業績予想は据え置いた。売上収益は前期比15%増の1300億円、純利益は12%増の220億円を見込んでいる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン