日立化成、電子部品事業を中国メーカーに売却

2020/1/28 16:32
保存
共有
印刷
その他

日立化成は28日、発電設備などに使う産業用の電子部品事業を4月1日付で中国の南通江海電容器(江蘇省南通市)に売却すると発表した。売却額は非公表。中国メーカーなどとの競合で事業の収益性が悪化していることが主な理由としている。

売却するのは電子回路で充放電を行うコンデンサーと呼ぶ電子部品と、その部材となるフィルム関連の事業。2019年3月期の売上高は88億円だった。日立化成は20年春に総合化学メーカーの昭和電工の完全子会社となる見通し。高収益の企業体質にするために事業選別を加速させる可能性がある。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]