電通、テレビ視聴後最速30分でスマホに広告配信

2020/1/28 16:30
保存
共有
印刷
その他

電通はテレビの視聴者を推定してスマホに視聴後最速30分でテレビと連動した広告を配信するサービスの提供をこのほど始めた。許諾を受けて収集したテレビの視聴履歴を高速で解析し、視聴者の年齢や性別などの属性を推定する仕組み。従来は視聴者を推定して広告を配信するには数日かかっていた。スマホとテレビの連動を強化し、広告効果を高める。

サービスの名称は「Celer STADIA(セラ・スタジア)」。テレビ番組やテレビCMの放送内容にデジタル広告を連動させる電通の配信管理システム「スタジア」上に、視聴データを高速で解析する機能を搭載。テレビで視聴した商品や店舗の情報をテレビ視聴後最速30分で、推定される視聴者のスマホに配信できるようにした。

テレビのメーカーなどが個人が特定できない形で収集している視聴履歴から、視聴者の年齢、性別、テレビの視聴環境などの属性を推定。テレビCMや番組を見たと推定されるスマホユーザーに広告を配信する。広告はSNS(交流サイト)のフェイスブックやツイッターなどに配信する。

電通は今後、テレビの視聴からスマホへの広告配信までの時間差を短縮し、テレビとスマホのリアルタイムの連携を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]