/

日立建機、タイ建設最大手に大型建機7台納入 数十億円

日立建機は28日、タイ建設最大手のイタリアンタイ・デベロップメント(バンコク)に電動式の大型油圧ショベル7台を納入したと発表した。日立建機のタイにおける一度の受注案件としては大型で、受注額は数十億円とみられる。タイのインフラ需要を取り込み成長を目指す。

日立建機が納入したのは360トン級の油圧ショベル。従来の250トン級を上回り、同社のタイ向けショベルでは過去最大になる。イタリアンタイ社はタイ北部ラムパーン県にある露天掘り鉱山で石炭掘削に利用する。

日立建機のタイ法人はこのほど、同県の露天掘り鉱山で納入式を実施。日立建機の石井壮之介執行役常務やタイ法人の麦島克成社長らが出席した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン