空中の書架 詩人 平出隆

エッセー
2020/2/9 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

或(あ)る美術館から求められて、2018年、大きな展覧会を組み立てる機会を得た。ならば美術とのこれまでの交渉を形にしようと、10人の美術家、写真家に絞り込んだところで、「空中の本」ということばが浮かんだ。

そもそも歴々とした人々と小さな私とをつなぐものは、「言語」を措(お)いてほかにない。10人のうち直接交流があった7人は、河原温(かわらおん)、岡崎和郎、奈良原一高、加納光於、中西夏之、若林奮、…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]