5/26 10:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 三陽商会きょう総会 バーバリー後5年、再生策どう判断[有料会員限定]
  2. 2位: 神戸製鋼所、高シェアでも「金のならない木」の悩み[有料会員限定]
  3. 3位: 不確かな未来と向き合う コロナに揺らがぬ投資術[有料会員限定]
  4. 4位: 「逆転」が示す新秩序 息吹き返す個別株投資[有料会員限定]
  5. 5位: 「コロナ、株主第一主義に変化」日本取引所の清田CEO[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,742,684億円
  • 東証2部 63,131億円
  • ジャスダック 89,827億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.13倍 --
株価収益率17.07倍25.93倍
株式益回り5.85%3.85%
配当利回り2.12% 1.31%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 21,179.09 +437.44
日経平均先物(円)
大取,20/06月 ※
21,130 +310

[PR]

スクランブル

フォローする

2月の市場は企業が主役? 不安相場で高まる存在感
証券部次長 菊地毅

2020/1/28 16:16
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28日の日経平均株価は続落した。新型肺炎の終息が見えず、世界の株式市場が不透明感に包まれている。そんな環境のもとで、日本株の買い手としての存在感が高まりそうなのが企業(事業法人)だ。2月は自社株買いの発表やTOB(株式公開買い付け)が増える季節性がある。相場をどこまで下支えできるかが当面の注目点になる。

「しばらくは業績回復期待で株を買う状況ではなくなってしまった」。アリアンツ・グローバル・イン…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム