障害者を「働く納税者」に 立ち上がったおかん
バリアフリーの先へ(4)

バリアフリーの先へ
2020/2/2 2:03 (2020/2/6 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

障害者の雇用は増えているが、法定雇用率の引き上げや補助金など「公的支援」頼みの面は否めない。社会福祉法人プロップ・ステーション(神戸市)理事長、竹中ナミ(71)は重度の障害を持つ娘のためにも、障害者が「働く納税者」として自立できるよう、就労支援に取り組んでいる。

■「どうして皆、ネガティブ?」

「麻紀、今年もおかんにパワーを頂戴ね」

2020年正月、竹中は娘の麻紀(47)に語りかけた。麻紀はふだん…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]