/

この記事は会員限定です

iPhone生産1~6月1割増 廉価版が押し上げ

新型肺炎の影響に懸念も

[有料会員限定]

【台北=鄭婷方、黎子荷】米アップルが2020年1~6月に、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の出荷台数を計約8000万台と、前年同期に比べ1割強増やすことが部品メーカーなどへの取材でわかった。今春発売が見込まれる廉価版が押し上げ、日本などの部品メーカーに好影響が出る。ただ中国湖北省武漢で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の影響が拡大すれば、生産に支障が出る懸念もある。

    【関連記事】...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン