/

この記事は会員限定です

景況感「悪化」なお21%、九州・沖縄100社に聞く

人件費増や台風、インバウンド伸び悩み響く

[有料会員限定]

九州・沖縄の企業の景況感が悪化したまま底ばいしている。日本経済新聞社が2019年12月に実施したアンケート調査で、業況が半年前より悪化したと答えた企業の割合は21.7%で、改善した(11.3%)を上回った。悪化したと答えた企業の割合は同年6月に実施した前回調査とほぼ同じで横ばいだった。インバウンド(訪日外国人)消費の伸び悩みや台風、人件費高騰などが企業心理に影を落としている。

日経リサーチを通じて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1676文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン