中東和平案、日本時間29日未明に公表へ トランプ氏が表明

2020/1/28 5:45
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=中村亮】トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで記者団に対し、政権が策定してきたイスラエルとパレスチナの中東和平案を米東部時間28日正午(日本時間29日午前2時)に公表すると明らかにした。和平案はイスラエルに有利な内容とみられており、パレスチナが受け入れる可能性は低い。

27日、イスラエルのネタニヤフ首相(左)はトランプ米大統領とホワイトハウスで会談した(ワシントン)=AP

トランプ氏は27日、ホワイトハウスでイスラエルのネタニヤフ首相と会談した。これとは別に野党指導者のガンツ元軍参謀総長とも会談し、双方に中東和平案の詳細を説明した。ネタニヤフ氏とは28日にも改めて会談する予定だ。

トランプ氏は記者団に「多くのアラブ諸国が和平案に賛同した」と主張し、和平実現に意欲を見せた。記者団からイスラエルと将来のパレスチナ国家による「2国家共存」を和平案に盛り込むかを問われたが「もうすぐわかる」と述べるにとどめた。

パレスチナに対して和平案を28日に通知すると説明し、事前に協議していないことをうかがわせた。パレスチナは米国を中東和平の仲介役とみなしておらず、和平交渉の再開は困難とみられている。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]