/

この記事は会員限定です

三菱ジェット納入延期 二重の指揮系統、混乱拍車

三菱重工 もがく航空機開発(上)

[有料会員限定]

三菱重工業は傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)で開発中のジェット旅客機「スペースジェット(旧MRJ)」の初号機の納入を、2020年半ばから延期する方針を固めた。延期は当初予定の13年から6度目で、「日の丸ジェット」への期待はしぼむばかりだ。背水の陣で臨んだはずだが、組織や技術面で相次ぎ誤算が生じた。混乱の舞台裏を追った。

1月24日、昼。東京・丸の内の三菱重工の本社で開かれた「事業推進委員会」。首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン