中国人団体客中止、訪日消費直撃 GDP押し下げも

新型肺炎
2020/1/27 21:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大に伴い、中国政府が27日以降に同国からの海外団体旅行を禁じたことを受け、訪日中国人観光客の消費に期待していたホテルや小売りなどで悪影響が出ている。重症急性呼吸器症候群(SARS)と同じくらい訪日客が減り、影響が長引けば国内総生産(GDP)を0.45%押し下げるとの試算もある。

中国の旅行予約サイト大手、携程旅行網(トリップドットコムグループ)によると、202…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]