トヨタやホンダの春季交渉 要求で前年割れ

2020/1/27 21:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車やホンダなど自動車大手の主な労働組合は27日、2020年春季労使交渉の要求を固めた。トヨタでは一時金などで求める水準は前年を割った。ホンダもベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分を前年を1000円下回る月2000円とした。19年は世界で新車販売が振るわず、組合側の要求も前年割れが続いている。

トヨタ自動車労働組合は全組合員平均で1万100円の賃上げを求める執行部案を固めた。昨年の要…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]