「障害を強みに」 車いすの社長が望む未来
バリアフリーの先へ(1)

バリアフリーの先へ
2020/2/2 2:00 (2020/2/3 2:00更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

障害者は全国で約963万人いる(2019年障害者白書)。障害者や高齢者も使いやすい「ユニバーサルデザイン」を企画・設計するミライロ(大阪市)の社長、垣内俊哉(30)もその一人だ。立命館大学在学中に起業し、10年に会社を設立。3年ほど赤字だったが、現在は増収増益を続ける。障壁(バリアー)から価値(バリュー)を生み出す方法を多くの企業に提案する。

■「あるきたい はしりたい」

垣内は歩くことができない…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]